「ユニオン」でカルティエのハートリング等の8本の指輪を買取りに出したが…

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、指輪を8本を貴金属買取り店で売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、売るまでの流れ、査定内容などがわかる体験談です。

 

低価格でも買取りしてほしくて広島市の「ユニオン」に持ち込む

私は広島市に住む54才の女性、専業主婦です。

広島市の駅の近くに、よくコマーシャルに出ているユニオンというところへ、結婚前に夫以外の男性からもらった指輪およそ8本を整理するために持って行きました。

買った時は55万円のカルティエのハートのリングを担当の男性が手に取って、「いくらブランドでも本当に二束三文にしかならないねえ。こういうもののよりはヴィトンのバッグとかのほうが高く買い取れるんですけどね。」

正直、私は高く買って欲しいのではなく、低金額でも気持ち良く手離したいのです。

お金にする私の方がおかしいのかもしれませんが、どうしても捨てることができないので、買取り屋さんに持って来ただけなのに、どうして、コマーシャルと違って嫌な気持ちにさせるのだろうと不思議でなりませんでした。

 

貴金属を売る人の気持ちを汲んでくれるお店を探す

もしかしたら売りにくる人がしつこく値切って値切って大変な思いをする仕事なのかもしれません。

ですが、人を見て「安くて申し訳ないけれど、気持ちよく買い取ってあげよう」といった気持ちを、その業界の人は持てないのか、持ってはいけないのか、何かを売ろうとする時、必ずそのことが頭をよぎり、どこへ持って行こうかと正直迷うんですね。

いつもいい思いをしないので、パソコンで新しいお店を調べて開拓しているといった感じですね。

このユニオンさんのコマーシャルの歌が「高く買い、安く売りますユニオン」といった内容が流れていました。

なのでここは少しでも売り手の人間の立場になって少なくとも恥をかかすことのない、心のあるお店ではないかと期待を持ってしまいました。

しかし、「ヴィトンの商品以外は高く買い取れないよ」という言葉を吐き捨てるように言われ、心が折れそうになりました。

 

テレビCMを信用してユニオンで貴金属を売却したが…

やはり売ったり買ったりするところは、怖いところというイメージがぬぐえません。

ユニオンは初めてだったし、結婚前に住んでいた自宅から近く、そしてテレビコマーシャルでよく流れたお店だったので信用していきました。

やはり結婚するということで、ひとつのけじめとして、過去にケリをつけたかったといういこともあると思います。

他の男性からもらった貴金属は売って、新婚旅行でのお小遣いにしようといったズルい考えが私の心の中に全くなかったといえば嘘になります。

そんな人間が物を売るのだから、買い取る人も気を赦せないのかもしれませんね。

 

カルティエのハートリング等8本の指輪の買い取り査定の値段

値段は全部で150~200万のものが、12万ぐらいで買い取ってもらいました。

「あの、結婚を控えているのでもう1万ぐらいプラスして頂けません?」とついて来てもらっていた母がいうと「あっ、そうなんですか。じゃ、1万円プラスしておきましょう。」と13万円になったのが嬉しかったです。

母の図々しさだけは頂けませんが…。

ただ現金を持っているよりは、絵や貴金属に変えていた方がお金になると医師の友人に聞いたことがありましたが、今、私が思うのは、売らない方が得だということです。

そしてどんなに値段の高いブランドを買おうと後にお金にするといったことを考えないように買物はすべきであるということを学んだ気がします。

 

貴金属等は売る事を前提にせず買物はするべき

買取り屋さんに対しても、もっと軽い気持ちで売り買いをする物は、ブランドではなくて金やプラチナであって、「これを売ったら何年間か余裕で生活していけるわよ」などと医師の友人と笑ってブランド品なども買っていました。

ですが人生、そんな甘いものではないということをしっかり頭に入れて、買取り屋さんを賢く利用していくことが大切なんだと痛感しました。

まだ独身の医師の友人が私の耳元で「なんか屈辱的。喧嘩になりそうだったわ」と言い、お互い「いい勉強になったね」とそう話しあえて良かったと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、貴金属やジュエリーを売る時はGoldEcoの宅配買取を利用しています。

GoldEcoの公式サイトはこちら