金のネックレス、真珠等の宝石つき指輪を「なとり宝飾店」に買取りしてもらった

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、金のチェーンネックレス、ルビー・アメジスト・真珠の指輪等を宝飾店で売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、売るまでの流れ、査定内容などがわかる体験談です。

 

金のチェーンネックレス、ルビー・アメジスト・真珠の指輪

北海道網走市に住む、42歳主婦です。

以前、妹が宝飾品店に勤務しており、妹自身も宝飾品が好きだったため店の売り上げノルマとして購入した金のチェーンネックレスや、私が好きそうな小さめの色石(ルビーやアメジストなど)のついた金の指輪をもらうことがよくありました。

また、母からも20代の頃に冠婚葬祭用にと妹が働いている店で購入した大ぶりな真珠にダイヤのついた指輪を買ってもらいました。

しかしながら、私は当時職場が宝飾品等をつけていくことがNGであり、宝飾品が好きではない私は私生活でもそれほどつけることがありませんでした。

また、結婚出産しましたが男の子しか当時はいなかったし、育児中はネックレスや指輪はかえって邪魔になっていたし、譲ってあげられるような女の子が生まれないだろうと思っていました。

 

貴金属を北海道北見市の「なとり宝飾店」で買い取り査定

冠婚葬祭用に真珠の指輪も結婚式で一度はつけていきましたが、目立ちすぎてしまいその場にそぐわず、それ以降の冠婚葬祭では使用しませんでした。

さらに妹もその宝飾品店を辞めていたこともあり、使わないのであれば売って、自分にあった冠婚葬祭用の指輪等を購入したほうがいいなと考え始めました。

そんなことを考え始めていたころ、当時住んでいた北見市のなとり宝飾店北見店(宝石の販売・買取の両方をしていました)がチラシで買い取りの広告を出していました。

金のチェーンネックレス、ルビーの指輪、アメジストの指輪、大ぶりの真珠の指輪の4点(多分購入価格は12万円程度はしたかと思いますが、全てプレゼントだったのではっきりとはわかりません)を持っていきました。

もらいものだったのであまり期待はしていませんでしたが、結局その場で4点で3万円で買い取ってもらいました。

 

査定価格に納得して値段交渉もなく売却

買い取り金額を提示されたときには、ほとんど使っていない商品だったので想像より低い金額だなあと思いました。

が、お店の説明によると妹の勤務していた宝飾店の製品はあまり質のいいものは販売していないということでした。

確かに妹が勤務を辞めたきっかけも、宝飾店にしては意外にリースなぶる価格で売っていたにもかかわらず売り上げが落ちて駅ビルのテナントから撤退することが分かり、近隣に同じグループの店がないため勤務先が遠くなることがきっかけでした。

指輪の土台やネックレスも18金やそれ以下であったり、色石の質があまり良いものではなかったということでした。

元々がもらいものだったこともあったため、低価格の理由を店側から先に説明されたため、特に値段を交渉することもなく即決することにしました。

今思えば、もう1店舗位回ってみて、買い取り金額を聞いてから売ってみても良かったのかな、とも思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、貴金属やジュエリーを売る時はGoldEcoの宅配買取を利用しています。

GoldEcoの公式サイトはこちら