「田中貴金属」で指輪やブローチ、ネックレスなどを一つずつ査定してもらい買取り依頼

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、指輪やブローチ、ネックレスなどを貴金属店で売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、売るまでの流れ、査定内容などがわかる体験談です。

 

貴金属にあまり縁のない私が貴金属を売却した話

初めて貴金属を売ったのは昨年の春でした。私は現在40代の主婦です、私自身は宝石やアクセサリーをそれほど所有していません。

女性なので人並みに興味はあるのですが、実際に買うとなると高価なものが多いと感じていて、カジュアルな普段の服装にもあわせやすい安価な物しか持っていません。

そんな私が1日に2店舗も貴金属を売りにお店をはしごしました。

それは30年前に亡くなった母親の形見です。私には今70代後半になる父親がおります。そろそろ介護が必要な状態になりつつあります。

わたしを含め3人の子供がいるのですが、親、子、それぞれの家族の事情もありまして、現在は別々に住んでいます。

 

指輪やブローチ、ネックレスなどを買取りに出すと決めて

まだ母親が病気になる前の存命中に、いくらか当時景気の良かった商売で得たお金で父が母親に指輪やブローチ、ネックレスなどのアクセサリーをプレゼントしていました。

私は子供心にそれらがしまってある箱を宝石箱と呼んで、憧れを抱いたものです。それから母が病に倒れ、父親が今までその思い出のある品物をずっと所有していました。

しかし、去年父親も諸事情から、それらを買ってくれるところがあるなら買い取ってもらいたい、現金にして今の生活に役立てたいと言い出したのです。

父は5年前にやはり病気になり、それまで仕事をしていましたが、入院と同時に退職しお金のことが心配だったようです。

宝石箱を父から預かり、3人きょうだいで集合して売りに行くことにしました。

 

銀座にある「田中貴金属」で買い取り査定価格を聞いて半量を売る

よく買い取りのチラシなど自宅に入ってきますが、3人でまず行ったのは、東京銀座にある田中貴金属という宝石店の2階でした。

店の場所、店構え、そのネームバリューが一番信頼できそうな気がしたからです。

お店は1階が立派なつくりで、宝石類を買うのではなくお金にしたいと売るのが目的の私たちは気おくれしましたが、父のためだからと勇気を出して入りました。

素敵な印象の店員さんがすぐ奥のエレベーターを案内してくれます。慣れたものです。

2階に上がると、1階にお客さんが一人も居なかったのに、ここには椅子に座って順番を待っている人たちがいました。

そして個別ブースでひと品づつ査定してもらいました。持ち込んだアクセサリーをだいたい見てもらい、半量をこの店で売ることに決めました。

 

貴金属は売る時には安くなるんだと感じた

約150000円くらいになりました。正直言って売るときは安くなってしまうんだなと感じました。

お店で対応してくれた年配の男性は、言葉遣い、見た感じの印象がとてもよくて、売ろうかどうしようか迷っていても、断っても大丈夫ですよという余裕のような感じがしました。

お店にいても私は落ち着かない感じにならず、冷静になれていました。

きょうだいのひとりが、この店で半量売って、残りはほかの店に相談しようと思ったのだと、後で教えてくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、貴金属やジュエリーを売る時はGoldEcoの宅配買取を利用しています。

GoldEcoの公式サイトはこちら