質屋でシルバーネックレスを買取り査定してもらい高価格に驚き即売却した

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、シルバーネックレスを質屋で売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、売るまでの流れ、査定内容などがわかる体験談です。

 

初めて質屋で買取りをお願いするためシルバーのネックレスを持ち込む

私が質屋に売ったことのあるものは、2センチぐらいの幅のシルバーのネックレスです。

このネックレスは母からもらったもので、あまりつけたこともなく大事にしまっていたのですが、夫が職を転々とし2人の子どもを抱えて、その月の支払いができないくらいに切羽詰まっていたのです。

今思うと誰かに助けてもらうこともできたのではと思うのですが、その当時は私が何とかしなくてはという気持ちしかなかったのです。

忘れもしない8年前のあの日、私は真珠のネックレスとシルバーのネックレスをもって、質屋にいきました。

事前に場所を調べて行った質屋ですが、初めて入った質屋はショウウインドウにブランド品や貴金属がならんでいて、デパートの一角のようでした。

 

予想以上の買い取り査定価格にとびつき、即売却

最初に真珠のネックレスを出すと、「真珠はみんなが一つはもっているものだがら、あまり価値がないんです。なので買い取れません。」とあっさり言われました。

その後「ではこれはどうですか?」と恐る恐るシルバーのネックレスを出すと。

「ほう。これは・・・。」とそのネックレスをもってしばらく、カウンター奥に入ってから出てきたご主人が「これはいいですね。グラム数もあるので、よかったら4万円で買い取りますよ。」と言われました。

正直1.2万円になればと思っていた私はその言葉に飛びつき、「ではお願いします。」と即答しました。

ご主人から4万円をもらうとにげるように店から出て、これで今月はなんとかなるという安堵感と、もらった母への申し訳なさ、こんなものまで売らなければならない自分のみじめさに涙が出たのを覚えています。

 

いざという時に現金に換えられる貴金属

それから私は朝にパチンコ屋の掃除と昼のレストランでの仕事を掛け持ちし、自分で商売を始めた夫も細々ではあるけれども何とか黒字展開で経営できるようにまでなりました。

そして、私は2年前に念願の自分のお店を持つことができ、まだまだ借金はあるものの、子供たち二人も無事成人させることができたのです。

あのときの4万円は本当に大事な4万円でした。そして、それを持たせてくれた親に今も本当に感謝しています。

いざという時に確実に現金に換えることができるものが貴金属であると学びましたから、これから子供たちがそれぞれの家庭を持った時に、持たせてやれればと思っています。

そのためには、まだまだ仕事を頑張っていかなければと思う今日この頃です。

あの時質屋で私は貴金属だけではなく、自分も値踏みされていたような気分になりました。でもその屈辱心が私を這い上がらせ、後押しし、今につながったのだと信じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、貴金属やジュエリーを売る時はGoldEcoの宅配買取を利用しています。

GoldEcoの公式サイトはこちら