貴金属販売の仕事をしていた私が金の指輪を質屋で買取りしてもらって

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、金の指輪を質屋に売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、売るまでの流れ、査定内容などがわかる体験談です。

 

貴金属の販売の仕事をしていて

まさか自分が貴金属を売る事になろうとは考えてもみませんでした。

私は佐賀県在住、フリーターをしている51歳の女性です。と、言っても以前は貴金属を販売する仕事をしていました。家の事情でその仕事を辞めたのですが…。大好きな仕事でやりがいはとてもありました。

最初は全く分からなかった貴金属の知識はこの時に身につけたので、仕事で貴金属を扱うという思い入れはなかなかのものだったと思います。

時々来店されるお客様の中には「これを売ったら、いくらくらいになるかしら?」とお尋ねになる方もいらっしゃいましたが、その質問をされる度に私はとても嫌な気持ちになっていました。

だって貴金属を買うときにはもっと夢を持って買ったのではないか?私は愛情を持って商品を売っているのに…と思っていたからです。

 

叔母にもらった金の指輪の売却を決意

でも恥ずかしいのですが、私の家の家計がとてもきつい状態になり、少しでも良いからお金がいる、といった時がありました。

「ああ、どうしよう。」と思い悩んでいた時に「そう言えば、叔母さんにもらった金の指輪があったな。重量感もあるしから質屋さんに持っていけば多少のお金になるのでは?」と売る決心をしました。

その指輪は金をふんだんに使った物で叔母もやはり人からもらったものだけど、サイズが合わず、かと言ってサイズ直しのできる商品ではない。そこまでの思い入れも無い、という事だったので私がもらった物でした。

私もデザインは好きではなかったのですが、せっかくだからと何となく保管していた物だったので手放す気持ちになれたのです。

 

大手の質屋に買取り査定の依頼

いろいろな所で貴金属の買取は始まってましたが、何より信用性のある所にお任せしたいと思い、大手の某質屋さんを訪れました。

ここの店内に入ると店員さんも店内も明るい雰囲気で、貴金属を売るという戸惑った気持ちからホッとした気持ちになれました。

「ここならこの指輪も幸せになれるに違いない。」とここに売る決心がつきました。

査定をしてもらい、グラムはもう忘れましたが、金額は25,000円程だったと記憶してます。

指輪に罪悪感を感じながら来たお店でしたが、買取というシステムに対しての抵抗感はなく、ここで貴金属を売る人の気持ちっていろいろなのだ、と納得しました。

そして店員さんも査定中に、預けた指輪を取り扱う時にそれはそれは大事そうに扱ってくれました。

 

満足いく価格で買い取りしてもらって…

「もっと高く買い取ってください。」という事は、私の中に少しプライドもあり、黙っていたのですが満足のいく買い取り額にしてもらったと思います。

この指輪の思い出や今の私の気持ちも親切丁寧に聞いてくれました。

「ここに来てみても良かったんだよね。」と自分に言い聞かせながら店内で過ごしましたが、間違いは無かったと思います。

今後また貴金属を売る事があるのかどうかはわかりませんが、売る事の嫌悪感は和らぎました。

これで私も買い取ってくれるお店も、そして貴金属もすべてが良い方向に行くのなら売るという方法もありなんだ、と私の頭も柔軟になれたしいささか社会勉強もした気がします。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、貴金属やジュエリーを売る時はGoldEcoの宅配買取を利用しています。

GoldEcoの公式サイトはこちら