18金リング、プラチナのブローチ等を貴金属買取り店で売却

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、18金リング、プラチナのブローチ、イヤリング、タイピン等を貴金属買取り店で売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、売るまでの流れ、査定内容などがわかる体験談です。

 

18金リング、プラチナのブローチ、イヤリング、タイピン等を売却へ

山梨県に住んでいる70歳で無職の女性です。売った品物はリング、ブローチ、イヤリング、タイピンで全部で9点です。

30代の時おしゃれと同時に貴金属に興味を持ち、勤務先のお抱え業者から全て購入しました。

18金リング4点、一点20,000円・プラチナのブローチ2点、1点6,000円・14金とプラチナで出来ているイヤリング2点1点5000円・プラチナのタイピン、1点3,000円位で購入しました。

23歳で夫と結婚しましたが、夫は40代半ばで後重い病気になり入退院を繰り返していました。以前から病気がちだった夫は生命保険にも加入出来ず、入院費は私の方にのしかかってきました。

生活費と入院費を捻出する為必死で働き、何とか定年を迎えやれやれこれから楽になると思い明るい気持ちになっていました。そんな時、主人の病状は悪化してあっけなく夫は亡くなってしまいました。

 

質屋は諦め、貴金属買取り店に持ち込んで

お葬式はお香典が入るので赤字にはならないという事を聞きますが、主人はお付き合いをしていた方もなく私も定年になっていたので知らせをする人もいませんでした。

新聞の死亡欄にも掲載しないでお金がかからない様に、ひっそりと私だけで送ってあげようと思ったのです。しかしお寺に払うお金がどうしても作ることが出来ませんでした。

やむを得ず、手持ちの書籍を手放したり売れるのもを集めて売ったりしました。しかしそれだけでは足りるはずもなく悩みに悩んだ末、近所の百貨店の中にある貴金属の買い取り屋さんに売ってしまいました。

初めは急いでお金にする必要があったのですが、完全に手放す気がなかったので質屋さんに一時預かってもらえるように交渉しました。

質屋さんは言葉は優しい言い方だったんですが「こんな安物はいくらにもならないよ」という言い方でした。いくら安物とはいえ、自分で買った物なので私にとっては宝物です。

手放すつもりはなかったんですが、背に腹は代えられずしかたなく、近くの百貨店の買い取り屋さんで買ってもらう事にしました。後々後悔しましたが、その時はお金の工面に必死でした。

 

全査定買い取り価格は不服でしたが…

1点1点の価格は忘れましたが全部で50,000円程度で売れました。

私にとって大事な品でしたが、今すぐお金が必要と言う弱点を見抜かれたのか、ずいぶん安く見積もられました。

自分では100,000円はほしいと思っていたので身に着けていた18金のネックレスを出して交渉しましたが受け入れられませんでした。結局ネックレスは売らずに済みましたが足元を見られたと思ったら残念です。

若い時の大事な思いのこもった品を手放し、本当に後悔しています。でも後ろを振り返るのはやめました。これからはボケ防止に若い時に出来なかった心理学の勉強を、通信教育で学んでいこうと取り組んでします。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、貴金属やジュエリーを売る時はGoldEcoの宅配買取を利用しています。

GoldEcoの公式サイトはこちら